整体師として働く人間が、資格を新たに取得することは必要?

整体の資格を取得しようとすると、実に様々な資格があることに驚くと思います。整体そのものに限っても多種多様ですし、そこにマッサージ関連の資格も合わせれば、数えきれないほどです。

 

これから勉強しようとする人にとっては、どれを学んだらいいのか迷うことでしょうし、現役で働いている人にとっても、新しいものを見ると、『違うことも勉強したほうがいいのか?』と思うことでしょう。

 

実際には、どうなのか?

 

この点について、プロとして働くという観点から必要性について見ていきます。

 

整体の資格は民間資格であることを頭に入れておく

 

学びの必要性という点を考えるとき、頭に入れておくべきことは、整体・マッサージ関連の資格は、あくまでも民間資格であるということです。

 

民間資格ということは、仕事をするうえで必須というわけでは無いということです。極端なことを言えば、何も知らない素人でも、整体師の看板をひっさげて活動することも可能です。

 

現実的には腕のない人にお客さんがつくことはありません。たまたま施術を受ける人がいたとしても、施術の内容が下手であれば、満足度が低く、リピートすることがないので、すぐに閑古鳥が鳴くことになります。

 

そのため、本気でプロになる人は事前に技術を学ぶことが普通ですが、これはあくまでもスキルアップのための自助努力ということであり、弁護士や医者のように、活動するための必須条件として義務づけられていることではないということです。

 

その気になれば、資格無しでも活動出来ます。

 

資格取得はスキルアップを第一に考える

 

ここまでのお話が答えにもなるのですが、自分のスキルアップを目的に取得するのが整体・マッサージ関連の資格と考えましょう。

 

どんなことを学べばいいのかという答えに対する回答も一緒です。自分がプロとして、どんな施術をお客様に提供したいのか、その目的によって、学ぶべきことが変わってきますので、その内容に合った資格を取得すればいいということになります。

 

(取得は必須ではなく、ただ講座を受講するというだけでも構わないのですが。)

 

資格があれば整体師として成功出来るとは思わない

 

ここまでの内容を裏返して考えれば、資格そのものが成功を保証することはないということです。整体関連の資格を10個取得したとしても、技術がなければ、1個の資格のみ取得した人に負ける可能性も十分にあります。

 

まして、独立開業となったら、整体の技術以外の部分(経営スキルや営業スキル等)で勝負が決まる部分も多いので、資格があるから成功出来るなんて確証は全くありません。その点を勘違いしないようにしましょう。

 



卒業後のお役立ちコンテンツへ戻る




サブコンテンツ

このページの先頭へ