整体という資格は自信のうえに成り立つ

整体スクールを運営していて実感することは、資格を気にする人が非常に多いということ。資格を取得出来る講座と、そうでない講座では前者のほうが遙かに人気があります。

 

たとえ、講座の内容が同じだったとしてもです。下手したら、ちょっとぐらい講座のレベルが落ちたとしても資格認定がある講座のほうが人気があるぐらいです。

 

この傾向は整体だけに限らず、様々な分野で見られることですが、整体師としてお客様に施術をする立場から言うと、ちょっと違和感を覚えます。整体師の実力というのは、資格だけでは測れないものだからです。


資格取得は整体師としての出発点に過ぎない

資格というのは、自分が努力してきたことや実力を証明する一つの指針なので、資格が欲しいという気持ちはよく分かるのですが、資格取得はゴールではなくて、出発点と考えて頂きたいというのが本音です。

 

資格が取得できたら、もう大丈夫と思っている人が少なくないのですが、事実としては整体師という仕事をするうえで最低限のことが出来るようになったという証明に過ぎません。

 

もちろん、それ以下では仕事にならないので、最低限のことが出来るようになっただけでもスゴイことなのですが、でも最低限は最低限です。

 

お客さんからみて、『この人に施術をしてもらいたい』と思えるレベルにあるかどうかというのは別問題です。自分ではなくて、他の整体師を選ぶ可能性も大です。

 

お客さんから選ばれる整体師になるには、資格を取得したことで満足することなく、さらに技術を磨くように努力を重ねることが重要です。

 

どこまで努力をすればいいのか?

 

厳密な答えとしては、いつまでもなのですが(整体技術の向上にゴールはないため)、あえて一つの目安をあげるとすれば、『自分は整体師としてお客さんを十分に満足させることが出来る』と迷わず言えるだけの自信を持てるまでです。

 

整体師としての実力に自信を持てなければ、資格を持っていても意味がない

自信というのは体に表れます。施術にも反映されます。お客さんはそういったものを敏感に感じ取ります。半ば無意識のことなので、お客さんは意識のうえでは気付いていないかもしれませんが、『この先生はいいな』、『なんか安心できるな』、『気持ちがいいな』と無意識のレベルで感じるものです。

 

お客さんから、こんなふうに思ってもらえれば、またきてくれますし、口コミが広がるようにもなります。それが人気が出る整体師の共通項です。

 

それを言葉で表現するとすれば、お客さんを安心させるだけの自信を持つということになるというわけです。

 

自信なさげにオドオドしていたら、お客さんも不安になり、それは施術の効果を落とすことにもつながります。

 

整体の施術を成功させるには、施術を行う側と受ける側が、ともにリラックスしていることが必須です。そのためには安心感というのが非常に重要なわけであり、そこにつながるのが整体師としての自信ということになります。

 

自信というのは、『持とう』と思って持てるものではありません。頭で幾らそうしようと思っても無理です。自分は大丈夫と自然に思えるようにならなければ無理ですが、それにはひたすら練習です。

 

努力することで、自分の実力が上がったことを実感出来るからこそ、自分の技術に自信が持てるようになります。心はウソをつくことができません。自然に自信を持てるようになるまで、ひたすら練習を重ねましょう。

 

そうやって積み重なったものが、プロの整体師としてやっていく根本を形成します。

 

努力をサボる人はバレます。どんなに見繕ってもダメです。真面目に練習しましょう。そして努力を継続しましょう。それがプロの整体師としての基本中の基本です。

 



卒業後のお役立ちコンテンツへ戻る




サブコンテンツ

このページの先頭へ