整体の技術を磨くだけでは成功出来ない

自ら整体院を開業することを考えているのであれば、整体の技術を磨くだけでは成功出来ないということを肝に銘じておかなければいけません。

整体師として、技術を追求するだけではダメということです。開業して成功することと優秀な整体師になることは、似ているようで違います。

より正確にいえば、整体の技術は後回しにしても、身につけるべきスキルがあります。意外なことかもしれませんが、この事実を知らないことが、せっかく独立したのにうまくいかず、食べることもままならないという状況に陥る原因です。

このサイトを見て頂いているあなたには、そんなふうにはなって頂きたくないので、この事実を明確にお伝えさせて頂きます。

開業するのであれば、整体師と経営者の二つの顔を持つ必要がある

整体師として腕を磨くということは、開業して成功するためには欠かせない要素ですが、それだけで成功出来るということではありません。整体の技術を身につけるというのは、成功するための一つの要素に過ぎません。

重要ではあるけれども、あくまでも一つの要素です。

では、整体の技術よりも重要なスキルとは何なのか?

それはずばり、経営スキルです。

整体院を開業するということは、事業を経営する人間になるということです。いわゆる経営者ですが、うまく経営するには、そのための技術を身につける必要があります。

つまり、整体師としての技術と経営者としての技術を両方、マスターしなければいけないということです。整体院を開業してもうまくいかない人というのは、この点を見逃しています。優秀な整体師になれば、それだけで事業が回るということはありません。

たとえば、集客です。お店を出したら、それだけでお客さんが来るということはありません。

営業やマーケティングといったPRや価格設定、どんな施術を行うのかといったメニュー設定(コースの設定)等、やらなければいけないことがたくさんあります。今は病院ですら、患者の獲得に苦労している時代です。集客の努力をしなければ、お客さんを得ることは出来ないでしょう。

優秀な整体師になるよりも、お客さんを集められる人間になる

経営というのは営業・マーケティングだけではなく、様々な要素が絡んできますが、自分で開業する場合には、営業・マーケティングが最優先事項と考えてください。お客さんがいなければ、何も始まらないからです。

整体師としての腕が優秀でも、お客さんがいなければ、その腕を発揮する機会すらありません。

お客さんを獲得する  施術を行う

これが業務の流れとなります。先にくるのはお客さんを集める集客です。集客出来る人間にならなければ、整体師として働くことすら出来ないということです。

整体師として開業するという人は、整体を通じて、お客さんの悩みを解決してあげたい、お客さんを健康にしてあげたいという想いを抱いている人が大半だと思います。その想いを実現するために、整体の技術を磨くために日夜、切磋琢磨していることでしょう。

そういった人に対して、こういったことを書くのは辛いのですが、開業して整体院を運営するという意味では、整体師としてのスキルは必須ではありません。最悪、腕のいい整体師を雇えばいいからです。

『それでは、何のために整体師になったのか分からない』

そんなふうに感じるかもしれませんが、開業するということは、そういうことを意味します。純粋に整体だけに取り組んでいたいという人は独立・開業には向いていません。そういった人は、どこかに勤めたほうが幸せです。

開業すると、整体という施術以外にも、様々な仕事をこなさなければいけません。それを納得出来る人だけに開業する資格があると考えてください。

このブログでは、開業して成功するために必要なことを書いていますが、『整体師としての腕を磨くことと、開業して成功するためのスキルを身につけることは別問題』ということを前提としています。

この理解が無いと、全てがおかしくなってしまうので、ご注意ください。整体師になることと、整体院を開業することは別物と捉えて頂くのがベストです。



卒業後のお役立ちコンテンツへ戻る




サブコンテンツ

このページの先頭へ