整体通信資格講座で施術する「頭痛」について


当校の整体通信資格講座の一つに

「推拿症状別療法」という施術を学ぶカリキュラムがあります。

カリキュラムで「頭痛」の症状を緩和を助ける施術を学びます。

 ほとんどの人が頭痛の経験をしています。

頭痛といってもさまざまな症状があり

代表的な4つの症状があります。

頭痛の症状


1)「片頭痛」
  
  脳の血管がいったん収縮してその反動で
  
  拡張したときに周りの神経を刺激したためと考えられます。
  
  血管の収縮には、血液中の血小板から放出される
  
  セロトニンという物質が関係していると言われています。


2)「緊張型頭痛」
  
  圧迫感、緊迫感、頭重感が特徴です。7
  
  後頭部から首筋にかけて痛み、肩こりも伴いがちです。
  
  頭痛の持続はさまざまで、30分くらいから
  
  7日間位続く場合まであります。
  
  頭痛に伴う症状には、目が疲れたり、体のだるさ、
  
  ふわふわしためまいを伴うこともあります。


3)「群発頭痛」
  
  どちらか片方だけの目の奥や周囲が痛みます。
  
  患部が上あごのあたりや頭の片側へと激しい痛みが広がります。
  
  「きりで刺されるような」「目がえぐられるような」
  
  耐えられないほどの痛みがあります

4)「他疾患が原因である頭痛」 
  
  上記3つにあてはまらない頭痛

 頭痛の原因


●精神的ストレス
 
ストレスや不安などから来る、精神的ストレスがあります。
 

●同じ姿勢を取ったり、悪い姿勢

 頭の重みが首に集中して、血管の圧縮や神経の刺激等の影響
 

●環境

 人ごみ・光・振動なのに過敏になります

●ホルモンの変化

 生理や更年期障害などによるホルモンの変化

●筋肉のコリ
 
 目・首・肩・頭部の筋肉のこり

 
●寝不足や寝過ぎ
 脳にストレスがかかったり、頭の血管の膨張など
 
●飲食物

 アルコールによる二日酔い お菓子やナッツなどの過剰摂取

 
●風邪

 風邪による、頭の血管の膨張

 
●脳卒中や脳腫瘍など
  

○起き抜けに痛む頭痛

○突然、激しく痛み、吐き気を伴う頭痛

○手足のしびれや麻痺を伴う頭痛

などは大病の恐れがあります。


おかしいなと、自覚症状があったら

医師に相談をしてください。


東京フィジカル・ケアアカデミーでは

頭痛を緩和せる手助けする手技技術を学んでいきます。





お役立ちコンテンツへ戻る




サブコンテンツ

このページの先頭へ