整体通信資格講座で施術する「足のだるさ」について

当校の整体通信資格講座の一つに

「推拿症状別療法」という施術を学ぶカリキュラムがあり ます。

カリキュラムで「足のだるさ」の症状を緩和を助ける施術を学びます。

 

足のだるさの症状

 

足のだるいときは、皆さんが経験されているでしょう。

基本的にだるさや倦怠感は2つあります。

1つ目が運動など体を動かしたときに起こるもの

2つ目は安静にしてても感じるものがあります。

症状としては

・足のだるさ、

・しびれ、

・つっぱり感

・こわばり

・力が抜ける感じ

・こむら返り

・筋肉痛

があります。

足のだるさの原因

 

だるさや倦怠感の原因には2つと考えれています。

1つ目は日常生活からくる原因

2つ目は疾病からくる原因

です。


●日常生活からくる原因

・睡眠不足や過労などの不規則な生活

・精神的ストレスの蓄積

・偏った食事による栄養バランスの乱れ

・ビタミンやミネラルなど栄養やエネルギーの不足のとき

・体を酷使したことによる疲労が蓄積した場合

があります。


●疾病からくる原因

・貧血からくるもの

・風邪が原因のもの

・急性肝炎

・更年期障害

・睡眠時無呼吸症候群

・慢性疲労症候群

・うつ病

・潜在的ビタミンB1不足

・糖尿病

があります。


足のだるさは静脈血が流れ切らず、滞留してしまうためです。

足のだるい時、足に力を入れたり、曲げたりねじったりすると思いますが

これは無意識に体が血流を起こそうとしている動作です。

施術をすることで改善できます。

しかし、足のだるさが頻繁で改善しなかったり体全体がだるかったリしたときは

疾病から来る場合と考えられますので、医師に相談をしてください。


東京フィジカル・ケアアカデミーでは

足のだるさを緩和せる手助けする手技技術を学んでいきます。 





お役立ちコンテンツへ戻る




サブコンテンツ

このページの先頭へ