整体通信資格講座で施術する「便秘」について


当校の整体通信資格講座の一つに

「推拿症状別療法」という施術を学ぶカリキュラムがあります。

カリキュラムで「便秘」の症状を緩和を助ける施術を学びます。


便秘とは、便が体外に排出されず大腸内に長くとどまっている状態です。

しかし、食べ物を食べてからから便が排出されるまでの

長さには個人差があります。

したがって、便が毎日出なくても体調がよくて

便秘の症状が出ていなければ便秘ではありません。

逆に毎日便は出たとしても、残便感があり苦痛があるなどの症状が

あれば便秘の症状と考えられます。


便秘の症状について


便秘によって引き起こされる症状は

●腹部のトラブル(腹痛・膨満感・食欲不振・吐き気)

●肌のトラブル(肌荒れ・ニキビ・シミ)

●頭部のトラブル(頭痛・めまい・肩こり)

●腰部のトラブル(腰痛)

●においのトラブル(オナラ・口臭)

●肥満

●精神的トラブル(ストレス)

●アレルギー

といわれています。

便秘の原因について


便秘はさまざまな原因があるといわれています。

●便意の我慢

●食物繊維の不足

●食事の量の不足

●水分の不足

●油脂の不足

●運動不足

●ストレス

●睡眠不足

●ダイエット中

など、多岐に渡ります。

食事で改善できることは

バランス良い食事をされたほうがいいと思いますが

慢性便秘の方は、各種療法で改善できることが期待できます。


東京フィジカル・ケアアカデミーでは

便秘の緩和せる手助けする手技技術を学んでいきます。





お役立ちコンテンツへ戻る




サブコンテンツ

このページの先頭へ