整体通信資格講座で施術する「アレルギー性鼻炎」について

当校の整体通信資格講座のカリキュラムで

「鼻炎」や「花粉症」の改善に役立つ施術があります。

アレルギー性鼻炎とは

 

アレルギー性鼻炎は

ホコリ、ダニ、ハウスダスト、花粉などの

吸入性アレルゲン(アレルギー抗原物質)の吸入により起こる

くしゃみ・鼻みず・鼻づまりなど鼻粘膜系のアレルギー性疾患

といわれています。

初期症状はアレルゲン(アレルギー抗原物質)を

吸入しても無症状のことが多い場合があるのですが

体内で抗体を作りアレルゲンを攻撃(免疫)します。

しかし、アレルゲンを吸入するたびに体内の抗体(免疫)が多くなっていき

その抗体があるレベルを超えた時点に、アレルゲン(抗原物質)を吸入したことが

引き金(きっかけ)となり過剰反応となり、くしゃみは鼻水で

外に追い出そうとします。

これがアレルギー鼻炎です。

ホコリやダニ、カビ、花粉などを鼻から吸い込むことで

身体がアレルゲンを排除しようとして過剰に反応することで

くしゃみや水性の鼻水、鼻づまりなどが出てきます。

アレルギー性鼻炎の症状は

 

アレルギー性鼻炎の代表的な症状は

・鼻のムズムズ感
・くしゃみ
・鼻水
・鼻ずまり
・目のかゆみ
・頭痛
・嗅覚障害
・流涙

などがあります。

アレルギー性鼻炎の予防


アレルギー性鼻炎を軽減することは

薬剤を投与するか、施術などで自然治癒力に働きかける方法が

ありますが、やはり予防策を取ることが必要です。

●ハウスダストやホコリやカビからの予防

・室内を清潔にする。居間、寝室などは毎日掃除する。

・布団、毛布などはよく日光にあてて乾燥させる。

・防ダニの布団を使用する。寝具にはダニを通さないカバーをかける。

・室内を乾燥させない。室温は20℃以上に保つ


●花粉症からの予防

・花粉情報に注意する。

・飛散の多い場合は窓、戸を閉めて花粉侵入を遮る

・飛散の多いときの外出をなるべく控える

・外出時にはマスクやメガネを着用。

・帰宅時にはうがい・洗顔・鼻をかむ。

・衣類の乾燥は乾燥機を使い、なるべく外干しをしないようにする。


東京フィジカル・ケアアカデミーでは

アレルギー性鼻炎を緩和せる手助けする手技技術を学んでいきます。





お役立ちコンテンツへ戻る




サブコンテンツ

このページの先頭へ