整体通信資格講座で勉強する症状と関連する「冷え性」について

当校の整体通信資格講座のカリキュラムで

「冷え性」の改善に役立つ施術があります。

冷え性という言葉はよく使いますが、一体どういう症状なのでしょうか。

よく「女性は生まれつき冷え性だから」という人がいますが

冷え性は生まれつきの病気ではなく、生活習慣などが原因で起こる症状です。

 冷え性の症状とは

 

人間はもともと、体温を保つための機能が備わっています。

身体にエネルギーを運ぶ血流に支障をきたす事で毛細血管まで

血液やエネルギーが届かないことで身体が冷える状態になります。

エネルギーが回らないことで皮膚表面が冷たくなります。

そして「身体が寒い。足が冷たい。」という感覚で冷えを感じます。

要するに身体全体、または一部が熱エネルギーを生産できない状態になっていることです。

ひとことで冷え性といっても、冷えを実感する以外にもたくさんの症状があります。

●頭痛・肩こり

●風を引きやすくなる

●腹痛や下痢が多くなる

●集中力の低下

●アレルギーや肌荒れ、吹き出物

●胃がもたれやすい

●生理不順が起きる

●体力がなく疲れやすい

●不眠症

●貧血

などがあります

血液やエネルギー循環が滞っての血行不良

自律神経の不調によるホルモンバランスの崩れ

集中力の低下

新陳代謝の低下

を起こします。

 

冷え性の原因とは

 

冷え性は生まれつきの病気ではなく、生活習慣などが原因とお話ししました。

冷え性は毛細血管へ暖かい血が流れず血行不良になった状態で

以下の原因と考えられます。

● 衣服等からの締め付け

ぴったりの服を着ることで身体に圧迫をかけ、締め付ける原因になります。

●食生活の要因

体を冷やす食べ物を食すこと。


●エアコンや電子機器

人間の体内機能調節が追いつかなくなり神経機能が鈍うことで

皮膚から脳に「冷たいや寒い」などの情報がうまく伝わらないため、自立神経がうまく機能しなくなります。


● 運動不足・筋力の低下

運動不足や筋力低下で身体の代謝を低下させ、血液の循環を滞らせます。

その結果、免疫力が低下し神経機能がうまく作動しなくなります。

東京フィジカル・ケアアカデミーでは

冷え性に関連する症状の緩和を手助けする手技技術を学んでいきます。





お役立ちコンテンツへ戻る




サブコンテンツ

このページの先頭へ