整体通信資格講座で勉強する症状と関連する「眼精疲労」について

当校の整体通信資格講座のカリキュラムで

「眼精疲労にも効果があります」などという言葉が出てきます。

他の症状が眼精疲労をもたらしたり

眼精疲労が原因で諸症状が起きることがあります。

眼精疲労と疲れ目の違い


眼精疲労と疲れ目は、同じものと思われやすいのですが異なります。

疲れ目が進行して重い症状になったものを眼精疲労とされます。

疲れ目は目の疲れが一時的なもので、睡眠を取ったり、蒸しタオルで目を休ませることで改善できます。

しかし、眼精疲労は、上記の疲れ目の改善方法を行なっても、一時的にしか改善されず再発します。

眼精疲労の症状とは


眼精疲労は現代病の一つと言われています。

眼精疲労の主な自覚症状は

・目が重い

・ショボショボする

・目が痛む

・疲れによる充血

・目のかすみ

・視力の低下

・眼の奥の痛み

・ドライアイ

また

・頭痛

・肩こり

・吐き気

・食欲不振

・自律神経の異常

などへ、発展することもあります。

眼精疲労の原因


眼精疲労の原因は、目のまわりの筋肉が疲れ筋肉疲労になることです。

目を酷使したり、無理をして物を見ようとすることで

眼球を支えている「外眼筋」という目の周りにある目を動かす筋肉が

長時間眼球に動きがないことによって眼球を支える力で筋肉疲労を起こします。

「外眼筋」以外の「水晶体」等も同じく筋肉疲労を起こします。

パソコン、テレビ、dvd、読書など目を酷使することによって眼精疲労の原因といわれていますが

その他の原因もあり、多種多様です。


●目の酷使による眼精疲労
 
 読書やゲーム機、パソコンなど長時間同じ距離を見続けることでの筋肉疲労。


●眼科疾患による眼精疲労

  ドライアイ、白内障、緑内障、網膜症などが原因。


●調節性による眼精疲労
 
 遠視、老視、斜視、複視など、物に焦点を合わせる目の調節作用が低下したこと。


●精神的なものによる眼精疲労
 
 慢性疲労、過労、睡眠不足、ストレスなどによる原因。

東京フィジカル・ケアアカデミーでは

眼精疲労に関連する症状の緩和を手助けする手技技術を学んでいきます。





お役立ちコンテンツへ戻る




サブコンテンツ

このページの先頭へ