整体通信資格講座で施術する「四十肩・五十肩」について

当校の整体通信資格講座の一つに

「推拿症状別療法」という施術を学ぶカリキュラムがあります。

カリキュラムで「四十肩・五十肩」の緩和を助ける施術を学びます。

四十肩・五十肩の症状は


「四十肩・五十肩(以下四十肩とします)」は

肩関節周囲炎と呼ばれています。

基本的に四十肩は肩から二の腕にかけての痛みです。

初期症状としては

・寝ている時に肩が痛いので眠れない

進むに連れて

・背中に手を回そうとしても痛くて手が届かない

・髪の毛を整髪やブローをしようとすると
 肩や腕が痛くて整えられない。

・痛みはあまり出ないが、腕が自由に動かせない。

 
初期症状で起きる

「夜寝ると痛い」症状は、横になるとジンジンと肩が痛みが走り

痛さで早朝や夜中に目が覚めることもあります。

痛みを我慢していると、不眠症やうつ病につながることもあります。


四十肩・五十肩の原因は


四十肩・五十肩の原因について、一般には老化や運動不足といわれています。

具体的には、肩関節の腱板(けんばん)という部分が

老化することで発症する考えられています。

腱板とは、肩の関節を取り囲む筋肉を骨につなぐ先端部で

老化が進むと腱板は傷みやすくなります。

腱板が傷つくことで出来た小さな傷から炎症が起き

あっという間に痛みが関節の周りに広がるのが四十肩だといわれています。

痛みや炎症は、周囲の筋をかたくしスムーズな動作を阻みます。

動作を阻むことで痛みを増強させて、関節を更に動かしにくくなるという

悪循環が繰り返されます。

単なる筋肉痛だと思って放置しておくのでななく

自覚することが必要です。

東京フィジカル・ケアアカデミーでは

四十肩・五十肩を緩和せる手助けする手技技術を学んでいきます。





お役立ちコンテンツへ戻る




サブコンテンツ

このページの先頭へ