整体通信資格講座で施術する肩こりの原因とは

当校の整体通信資格講座の一つに

「推拿症状別療法」という施術を学ぶカリキュラムがあります。
カリキュラムで「肩こり」の緩和を助ける施術を学びます。

肩こりの原因とはなんでしょう。

肩こりの原因には諸説があります。

一説では、同じ姿勢をとり続けるなどして

頭や腕を支える僧帽筋やその周辺の筋肉

(肩甲挙筋・上後鋸筋・菱形筋群・板状筋・脊柱起立筋)の

持続的緊張によって筋肉が硬くなり

局所に循環障害が起こるといわれています。

それによって酸素や栄養分が末端まで届かず、

疲労物質が蓄積しこれが刺激となって肩こりを起こすと考えられています。

【仕草や日常生活からの原因】


●無理な姿勢や同じ姿勢

・デスクワークや作業等で同じ姿勢を取り続ける
・机椅子や枕が合わない
・寝転がってTVを見るなど

●ストレス

・ストレスで筋肉が緊張する
・身体全体が張っている

●運動不足

・便利な生活に慣れて歩かない
・身体全体を動かすことが少ない

●肩や目の使いすぎ

・パソコンなどで同じ作業を続ける
・スポーツなどで同じ運動や強い運動を続ける
・ディスプレイやTV画面の見過ぎ

●体型の問題

・肥満やなで型など体型的な問題
・筋力不足

●関節や内臓の異常

・関節や筋肉の異常
・内臓関連の異常

といわれています。

【身体から見る原因】


●姿勢

 無理な姿勢を続けたり、同じ姿勢を長時間持続していると
 筋肉が緊張したままになり、血液の循環が悪くなります。。

●骨

 首の頚椎などにヘルニアなど異常が生じた結果、
 神経を圧迫し、痛みやしびれを起こす場合があります。

●内臓

首の頚椎にヘルニアなど異常が生じた結果、
神経を圧迫して痛みやしびれを起こす場合あります。

●眼

パソコンなどを長時間見続けたり
メガネやコンタクトレンズが合っていない場合
交感神経が興奮状態となり、血管が収縮し
血流が悪くなります。

●歯

顎関節症や噛み合わせの不全、歯周病などが原因。


以上が肩こりの原因と言われています。

東京フィジカル・ケアアカデミーでは
肩こりを緩和せるべく「、筋肉」「骨格」「血行」に働きかける手技技術を学んでいきます。

 

 





お役立ちコンテンツへ戻る




サブコンテンツ

このページの先頭へ