整体通信資格講座で施術する「坐骨神経」について

当校の整体通信資格講座のカリキュラムで

「坐骨神経の進展」や「坐骨神経痛に効果がある」という

施術があります。

坐骨神経とは

坐骨神経は腰から出て臀部・太ももの後ろ・膝・ふくらはぎ

足の先まで伸びている末梢神経です。

太さは人体の中で最大でボールペン軸くらいの太さです。

また、長さも抹消までの長さは1m以上もあり、

非常に長い神経で、腰から臀部を通り太もものうしろを通って

膝の付近で、すね側とふくらはぎ側の二股に別れ

足の甲と足の裏に続いています。

坐骨神経痛とは


坐骨神経は圧迫されやすい神経です。

理由は皮膚に近い位置を走っているので圧迫されたり

刺激されたりすることにより、

臀部・大ももの後ろ・ヒザ・・すね・ふくらはぎが痛み、

かかとやくるぶし、足のうらの方まで痛みが走ります。

軽い痛みの症状や、しびれなどの知覚障害、重い麻痺などがあります。

これを「坐骨神経痛」と言います。

しかし「坐骨神経痛」は坐骨神経のどの部分が障害されるかによって

症状の出る範囲や症状の出方も実に様々です。

例えば

・腰の痛み、臀部の痛み
・臀部、太もも裏、足の痛み・痺れ
・痛くて座ることが苦痛である
・前にかがめない
・体を後ろへ反らすことができない
・体を動かすことで痛みやしびれが走る
・痛みのため歩行がきつくなる
・足に力が入らなくなる
・足を触ると感覚が鈍くなっている

などの症状があります

腰痛と坐骨神経痛の違いと原因

腰痛と坐骨神経痛の違いは

腰痛は腰と臀部のみ痛みや重さがあります。

坐骨神経痛は臀部や下肢にしびれや

つっぱりや痛みが出るところです。

坐骨神経痛に原因としては

・椎間板ヘルニア
・脱臼・骨折
・ウイルス感染
・ 腫瘍
・ 梨状筋の弱化や炎症
・ 骨盤の歪み

などがあります。

当校で学ぶ施術では、痛みや冷え性に効果がある手技を学びます





お役立ちコンテンツへ戻る




サブコンテンツ

このページの先頭へ