整体通信資格講座で施術を行なう中殿筋は腰痛のポイント

当校の整体通信資格講座の一つに

「気血循環療法」という施術を学ぶカリキュラムがあります。

カリキュラムの中に「中殿筋を押圧」という施術があります。

中殿筋とは


中殿筋とは、背中側の腰下部の所にある筋肉で、

ちょうど背中側の尻の上にある小さな筋肉。

股を広げるときにも使う筋肉です。

中殿筋は、骨盤と大腿骨をつなぐ筋であり、

骨盤を基にすると脚を動かす働きをするので

骨盤と大腿との間を固定・安定させる働きをしています。

脚に体重をのせて立っている時に

骨盤よリ上の体を支え姿勢を安定させる重要な役割を担っています。

中殿筋が柔軟な人は股関節が良く動くため、

開脚をする時にも角度を広く開く事が出来ます。

体が硬くて開脚が上手に出来ない多くの人は、

普段から中殿筋を使わないために

筋肉がカチカチに固まってしまっている事が多くあります。

中殿筋の筋力が出ないとバランスが悪くなることで

骨盤の傾きが大きくなります。

すなわち、歩いている時に左右に上半身が横揺れするわけです。

結果、エネルギーの効率が悪くなりますので疲れやすくなり

腰や膝・足への負担が大きくなります。

また、中殿筋の筋力低下が引き金となって

骨盤のゆがみや腰椎に負担がかかって腰痛を引き起こします。

上半身の姿勢を保つために姿勢が悪くなります。

また中殿筋は大殿筋や尻の脂肪を吊り上げているので、

中殿筋が衰えるとおしりが垂れてしまいます。

 

中殿筋は疲労性腰痛のポイント


中殿筋は疲労性腰痛のポイントです

疲労性腰痛は2つのケースがあります


・「慢性疲労」
 立ち仕事やデスクワークによる長時間の同一姿勢や
 作業における腰部や脚部の反復動作や、
 スポーツなど日常から腰に継続的な負担をかけたケース
 
・「急性疲労」 
 引越しや運動会や大掃除や雪かき等々普段行わない動作をし
 自分自身の耐久限度を超える負担を受けたときのケース
 
急性疲労は、短期間の安静または固定や冷湿布により通常は回復します。

慢性疲労は、その原因の特定(どこが腰痛のポイントなのか)と

マイナス要素(どの動作が腰痛の原因を作ったのか)の改善が大切です。

同一姿勢の多い環境では、ときどき姿勢を変えて変化をさせるようにするなど

腰痛を招く環境の改善が重要となります。


改善には、整体等の手技療法での施術や

ストレッチやトレーニングにて中殿筋を筋力を強化するのが最善です。





お役立ちコンテンツへ戻る




サブコンテンツ

このページの先頭へ