整体通信資格講座で施術を行う腰痛の症状とは

当校の整体通信資格講座の一つに

「推拿症状別療法」という施術を学ぶカリキュラムがあります。

カリキュラムの最初は「腰痛」の緩和を助ける施術を学びます。

さて、腰痛といっても様々な症状があります。

腰痛の症状について


腰痛症(ようつうしょう)  

腰痛の中でも最も多い腰痛です。      
   
これといった原因が見つからない慢性の腰痛に対しての総称です。     

●腰椎分離症(ようついぶんりしょう)・腰椎すべり症(ようついすべりしょう) 
                
腰を後ろに反り返る動作をすると痛み、運動をすると痛みが悪化します。
         
悪化すると臀部や足が痛み・しびれが出てきます。         
         
腰椎分離症は疲労骨折の一種で背骨の一部分に亀裂が走っている状態になります。 

スポーツや運動をしていた人にはよく見られる症状で

レントゲンで患部を撮影すると骨折線が見られます。 
        
直接何かの強い外力や衝撃が加わり骨折したいうよりも、

気がついたら分離していたという症状がほとんどです。

突発的な症状ではないため、腰が痛いということで放置されて

慢性化になることがよくあります。

腰椎すべり症とは、背骨の一部分が身体の前側(おなか側)に

移動した状態の症状です。

この症状は、分離症に引き続き起こることと、分離症を伴わないことがあります。
       
背骨を触ると一箇所だけ凹んだ状態に感じる場所があります。   

      

坐骨神経痛 

腰や臀部痛み・太ももの裏やふくらはぎ・足先にかけてのしびれがあります。

坐骨神経は腰椎の下部から出て、お尻を通り太ももから足先に向かう神経です。         

坐骨神経が圧迫されて起こる症状です。  

 

●梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん) 

梨状筋は骨盤から股関節に向かって仙骨と大腿骨をつなぐ筋肉です。

仙腸関節の機能障害や、梨状筋が圧迫されることで鈍痛がでます。

 

●腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばんヘルニア) 

 椎間板の神経根へ刺激症状で強いと痛みと、立位にて腰椎の前屈が困難となります。   

腰痛と、下肢の痛みやしびれが主な症状です

  

●脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう) 

脊柱管は背骨の中にあり、脊髄神経を守っている重要なトンネルのような部位です。 
        
脊柱管のトンネルが何か要因で狭くなることで、足の痛みやしびれを起こす事があります。  

  

●椎間関節症候群 (ついかんかんせつしょうこうぐん)  

椎間関節とは、上下の椎骨でつくる左右1対の関節です。

椎骨間の支持・連結をおこないながら脊柱の働きを制御したり、安定させたりする関節です。

椎間板ヘルニアとは異なり、腰から臀部にかけての痛みが走ります。

また、足のしびれや神経痛,筋力低下が起こることもあります。

 

仙腸関節炎(せんちょうかんせつえん)  

仙腸関節は骨盤の部分にある、腰から上半身の体重を支えている関節です。       
  
ここに炎症がおきる事を仙腸関節炎といいます。
   

 ●ぎっくり腰(急性腰痛症)(きゅうせいようつうしょう)        

重いものを持った時や、急に体をねじったりした時におこる急性の腰痛を、ぎっくり腰と呼びます。         

正式名称は「急性腰痛症」とされています。         

腰や骨盤の筋肉、筋膜、じん帯、軟骨(軟部組織)の損傷で         

特に多いのが骨盤の仙骨と腸骨の2つの骨からなる仙腸関節に付着する、

軟部組織の損傷により起こるぎっくり腰です。         

         

以上が主な腰痛についてです

 

施術として、ソフト整体通信資格講座では学びます。





お役立ちコンテンツへ戻る




サブコンテンツ

このページの先頭へ