整体通信資格講座で「身体を伸ばす」意味について

  
当校の整体通信資格講座のカリキュラムで

「両手で肩を包み引っ張る」や「背中をストレッチする」という

施術があります。

整体通信資格講座のカリキュラムでは

押圧という手技が多い中

身体を伸ばす=ストレッチという施術もあります。

身体を伸ばす=ストレッチ

ストレッチというと

スポーツを始めるにあたっての準備運動的なものと考えれますが

ストレッチすることで、怪我防止や筋肉の強化や

新陳代謝を活発にする効果が多いといわれています。


日本ではストレッチ=柔軟体操と言われていますね。

ストレッチとは、身体のある筋肉を良好な状態にする目的で

その筋肉を引っ張って伸ばすことをいいます。

筋肉の柔軟性を高め関節可動域を広げる等、色々な効果があります。

筋肉を鍛える方法

腰痛や肩こりの予防には筋肉を鍛える方法も様々あります。

スポーツをしたり、有酸素運動をしたり

トレーニング機材を利用したり

また、ストレッチをする方法もあります。


筋肉の役割はいろいろあります。

身体を動かす筋肉には曲げる筋肉と伸ばす筋肉があります。

膝を曲げる時は太ももの裏にある筋肉が縮み

逆に太ももの表の筋肉が伸びるように動きます。

膝を伸ばす場合はは、太ももの表側が縮んで

逆に太ももの裏側の筋肉が伸びるように動きます。

整体の施術でのストレッチ

ずーと同じ姿勢をしていたり

身体をひねった体制が習慣になったりすると

筋力が落ちてしまいます。

そこで、身体を伸ばすストレッチをすることで

筋肉が目覚めます。

そして硬くなっていた身体が

柔軟性を増すことで怪我の予防や障害を防いだり

また、ダイエットやアンチエイジング効果もあります。

ストレッチはご自身でも出来ますが

整体の施術で行われるストレッチは

一人ではなかなか伸ばせな筋肉や部所に対し施術します。

また、各ツボやリンパ等の身体を施術している中での

ストレッチなので、改善や効果も高いと言われています。





お役立ちコンテンツへ戻る




サブコンテンツ

このページの先頭へ