整体通信資格講座で施術する頭部にについて

当校の整体通信資格講座のカリキュラムで

「両手指先で頭部を刺激する」や「指先を使いよ子に刺激」などという

施術があります。

頭皮の頭蓋骨の間に

例えば美容室や理髪店で洗髪する際に、
頭皮をもんでもらうと気持ちいいと思います。

頭部を触ってみると、
頭がい骨の上を薄い頭皮が覆っているだけに感じると思いますが

頭皮と頭蓋骨の間には血管や
老廃物を流すリンパ管が通っています。

実際に触ってみて頭皮がピーンと張っているのが健康な状態です。

逆に押した時、指が沈む感覚だとむくみがある状態。

痛いとかの自覚がなくても
身体のどこかに不調が出ているサインになります。

頭部には、頭や顔の大部分の感覚と咀嚼(そしゃく)運動を支配する

三叉(さんさ)神経などがあります。

脳が疲労することにより正常な機能をきたさなくなった時に

五感異常や身体異常(高血圧や肥満などの生活習慣病・メタボリックシンドローム)

メンタル障害によるうつ病など多彩な症状・病態が生じることもあります。

首を支える側頭筋やあごを持ち上げてかみ合わせる筋肉が凝ります。


頭部はツボやリンパが集中している場所


頭部には多くのツボがあります。

前頂(ぜんちょう)
上眼点(じようがんてん)
百会(ひゃくえ)
天柱(てんちゅう)
上星(じょうせい)
太陽(たいよう)
脳戸(のうこ)
玉枕(きょくちん)
風池(ふうち)

など、重要なツボが数多くあります。

頭部にあるツボやリンパや筋肉が刺激されるためです。

頭痛や目の疲れや肩こりなどの症状を緩和させます。

また、頭部への刺激や施術は頭部の血行を促進します。

その結果、毛根への血行を促進され、栄養が行きやすくなるので

毛髪が健康になり抜け毛や育毛に効果が現れるということがあります。

頭部への施術は

脳を休める効果もあり、リラックス効果が生まれます。




お役立ちコンテンツへ戻る




サブコンテンツ

このページの先頭へ