整体で施術をするふくらはぎは「第二の心臓」

当校の整体通信資格講座の一つにふくらはぎの施術があります

ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれていて
血液循環にもっとも大切な器官であります。
血液を心臓に送り返すポンプ作用を行っています。
血液循環には最も重要な器官です。

ふくらはぎはポンプの役目をしている

心臓とは、体中に血液を循環させるための
ポンプと言う意味でもあります。
ふくらはぎは心臓から送り出されて足先まで到達した血液が
心臓に戻る時にポンプの働きをしています。
すなわち、静脈血を心臓にもどし
血液循環を円滑に促進しています。

ふくらはぎの動きは血液の循環に不可欠


いくら心臓でも血液を送り出しても
送り出した血液が戻ってこないことには
血液が循環できません。
上から下に流れる重力に逆うことで
下にある足から上にある心臓へ血液を戻すためには
それなりの動力を必要とします。

ふくらはぎの仕組み


仕組みについて
ふくらはぎを動かすと筋肉の伸縮が起きます
伸縮により血管が伸縮を繰り返しちょうど灯油缶から
石油ストーブに移し変えるときの使う
ポンプのような状態で血液を上に押し上げていきます。

ちなみに心臓に帰るための道筋「静脈」には
「静脈弁」という逆流防止の弁が備わっています。
押された血液は上に上がることしかできない
仕組みになっています。

運動不足や年齢を重ねることにより
ふくらはぎの筋肉が衰える症状が出ます。
すると、収縮運動をする筋力が低下して
必然的に血液を心臓に返す能力が低下します。

心臓に帰るはずの血液が下で滞るとなると
交通渋滞のように上から新しい血液も充分に
循環することができません。


静脈から心臓へ返ってくる血液量が減ってくるので
心臓の方から血液を強く押し出して血液を循環させようと
心臓の負担が増えます。

心臓の負担との関係


足の血行不良 ふくらはぎのこわばり、足のむくみ・冷え
また、心臓や血管に過剰な負担がかかってしまうと
高血圧になりやすくなります。


高血圧の症状を持っている方は、
ふくらはぎの筋肉が硬くこわばっていたり
ふくらはぎの張りがあったりすることが多いです
こうした硬直している状態は、
第二の心臓が機能的に働いていないということになりますので
ほぐしてあげることが必要です。




お役立ちコンテンツへ戻る




サブコンテンツ

このページの先頭へ