整体の施術から見る陰陽五行について

整体の施術は推拿が基本というお話をしました。

推拿は中国古代の哲学から発展した中医学(中国医学)の施術方法ののひとつです。

 中医学のベースの一つに「陰陽五行」の考え方があります。

 

陰陽とは

 

中国では山の南側を陽とし、北側を陰とする習慣がありました。

光と影、朝と夜などお互いが関連しあって対立する

2つの現象や物事を統括して「陰陽」と表します。

 

すなわち、天と地、昼と夜、男と女、明と暗、動と静などで

基本として、上昇的・外向き・亢進的・温熱的・興奮的なものは陽になり

下降的、内向き、衰退的、寒涼的、抑制的なものは陰となります。

 

わたしたちの身体は

「陰平陽密」(いんぺいようひ)、つまり陰も陽も平らであり

バランスをとれた状態が好ましい状態で

このバランスが崩れたときに病気になると中医学ではいわれています。

体内の陽が陰より増えれば熱が出て

陽が陰より少なければ寒さを覚えます。

 

五行とは

 

陰陽は相対する2つ、五行=万物

木・火・土・金・水(もく・か・ど・ごん・すい)を
5つに分類したものです。

 

【木】

木は自由に伸びていくように、成長、上に昇る、
すくすく伸びるという特長です。

五臓でいうと肝(肝臓)です、季節は春。

 

【火】

火は炎と上の性質、つまり温熱性で、
上昇する特長をもちます。

五臓でいうと心(心臓)です、季節は夏。

 

【土】 

土は種をまいて農作物を収穫することを意味するので、
「万物の母」とも言わています。

五臓では脾(脾臓と消化器系の総称)です、季節は梅雨。

 

【金】 

金は清潔や静粛を意味し、
これらの作用を持つものを金とします。

五臓では肺を表します。季節は秋。

 

【水】

水は潤したり、下降する性質があるので。
寒冷性があります。

五臓では腎(腎臓)です。季節は冬。

 

五行はそれぞれの特徴を持ち、季節や臓器以外にも、

方位や気候、感情や味などにも5つに分類することができます。

五行はグループごとの調和だけでなく、
五行間のバランスを取ることがいいこととされて

中医学では、実際に臨床でも五行同士の
相互関係などをみながら治療計画を立てます。

 

人間の身体は複雑ですが、弱っている一部分だけを改善したり

クローズアップするのではなく、身体の状態を陰陽や五行を当てはめ

改善します。

また、身体機能や変化を五行に当てはめ説明することで

なかなか改善できなかった症状や問題が、解決できることがあります。

 

このように、整体の施術から見る陰陽五行
は身体や日常生活など
人間に関する諸事項に深く関わっています。

 

参考資料 AllAbout)




お役立ちコンテンツへ戻る




サブコンテンツ

このページの先頭へ