整体通信資格講座で学ぶ「気血」とは

当校の整体通信資格講座の一つに

「気血循環療法」という施術を学ぶカリキュラムがあります。

気血とは

気血とは何でしょう。

最近医薬品のコマーシャルで
「気血」という文字をご覧になった人が
いらっしゃるのではと思います。


気血【き‐けつ】

人体内の生気と血液。
漢方で、経絡(けいらく)の内外を循環する生命力の源とみなされるもの。
(デジタル大辞泉より)

人体内の生気と血液
もう少し詳しく見てみましょう。

「気血」とは人体内の生気と血液


「気血」とは
「気血思想」「気血論」とも呼ばれ、東洋医学の中心となる基本概念の一つ
東洋医学(中医学)では、体の基本となるものは「気」と「血」であって、
この両者が体を巡り、バランスをとることによって生命の活動が
成り立っていると考えられています。


「血気盛(けっきざか)り」「血気(けっき)にはやる」
といった言葉は、気血から出た言葉です。

「気」とは大気


「気」とは大気
天気のように自然界における気という概念から出た言葉で
形がなくて目には見えないものとして
体内におけるエネルギーと捉えられています。

「血」とは目に見える体液

「血」は反対に目に見えるものを指しており
血液のみならず体液を総称したものと捉えられています。

健康な状態では、気と血がバランスを取りながら順調に体内を巡っている状態であり
逆に病的な状態では、気と血の巡りが悪い、すなわちバランスが崩れていると考えていて
病気を治すにはまず気と血の不調状態を調整することと考えられてきました。
「病は気から」あるいは「気を病む」と言葉があるとおり
病気とされるのは、この気血思想から生まれたことです。

気と血は陰と陽の関係

また、気と血はそれぞれ独立したものではなく、
気の異常は血の変調をもたらし、血の異常は気の変調をおこすといった形に
気と血がお互いが依存し協調しながらバランスを取り合うものとして
中医学において「気は血の師である」「血は気の母である」と
気と血の関係を重要視します。

【参考資料】 長濱善夫「東洋医学概説」(創元社)他


気と血は陰と陽の関係
お互い助けあって健康な身体を作り出しているのです。




お役立ちコンテンツへ戻る




サブコンテンツ

このページの先頭へ