整体通信講座で勉強する「推拿」とは

当校の整体の通信資格講座のカリキュラムに

「推拿」という施術手技を勉強します。

たとえば「下肢推拿」


下肢とは、人間の足=動物の後ろ足 です。

「推拿」とは中国整体のこと

では、「推拿」とはなんでしょう。

「推拿」英語では「tui・na(ツイナ)」と呼ばれ
世界中に知られている
中国の手技療法です。


中国大陸では明代時代以後に
医療行為としての按摩=マッサージは
推拿(すいな)と呼称されるようになりました。

日本では中国整体と呼称されるものであり
現在の中国政府も公式な中医学の医療用語として
「推拿」を採用しています。

按摩は推拿の一部の施術

日本において中国整体という民間療法が行う技法の多くは
推拿の一部の専門手法を用いた
推拿式整体療法といえます。

東京フィジカル・ケアアカデミーは推拿を学習するスクール

中国整体を日本でいう按摩(あんま)と誤解される場合がありますが
それは按摩が推拿の技法に一番近いことも関連します。

現在では、数は少ないですが
推拿専門の教育機関も存在しています。
(東京フィジカル・ケアアカデミーは推拿を学習するスクールです)

推拿の意味


推拿の「推」とは
手を一方向へ押し進めるという押すという意味があります。
ドアを押し開けるときに推という漢字を使います。

推拿」の「拿」は、その押し進めた手で掴みあげるという
つかむとか持つという意味があります。

中医学(中国伝統医学)では
その理論に基づいて経絡や筋肉・関節などに
様々な手技を用いて疾病の予防・治療を行っており
鍼灸と並んで「推拿科」として治療をしている病院も多数あります。

また、中国には法的にも推拿師・保健推拿師・推拿医師という資格があります

推拿の効用

推拿は中国医学理論に基づき
100種類以上もの手技を用い、さまざまな力で経絡と
ツボを効果的に刺激し、痛みを取ると同時に
内臓の働きも調節し生理機能を回復させます。

体の外に与えられた心地よい刺激が、
経絡という道を通って内臓器官にまで伝わり
自己の治癒力を呼び覚ます手伝いをします。


(参考)
 ウィキペディア
 身近な中国医学のお話し




お役立ちコンテンツへ戻る




サブコンテンツ

このページの先頭へ