整体の施術で、押圧するときに重要なこと

整体の施術で、押圧するときに重要なことは
施術の基本はとにかく丁寧に押圧することです。

そして力任せにならないようにゆっくり行うのが基本です

以前も肩たたきの話をしましたが
強く押せればいいわけではありません。

 

整体の施術は身体全体に行き渡る「質」が重要

 

強く押す「力=量」の問題ではなく
身体全体に行き渡るように施術をする「質」が
重要になります。

脊柱を押圧する場合は
親指の腹を使って施術します。

親指の腹を使って押圧するに時
親指に体重がかかりますので、
親指が疲れやすく指を傷めやすいという
ことがあり、腱鞘炎の危険性もあります。

 

親指の腹を接地面に当てること

そこで以下のことが重要になります。

押圧する場所は親指の腹の指先に近い
柔かい所を使います。

指先の接地面を押圧点(押すところ)につけ
他の指(人差し指・中指・薬指・小指)を伸ばして
親指を支えます


この時に接地面を押圧点の上に親指の第一関節が
来るようにすると指を痛めることが少なくなります。

そして大切なのは
「指だけで押すな」
ということです。

力を入れるときには、親指だけではなく
他の指にも力を分散して
体全体で圧力をかけるイメージをすることです。

そして、呼吸を合わせる。

受けている方が、息を吐いている時に
呼吸を合わせて、体全体で押圧するわけです。




お役立ちコンテンツへ戻る




サブコンテンツ

このページの先頭へ