枕を相手に手の動きを「まねしてみる」


整体講座を受講する時には、最初に目的意識を持って
動画をみて、全体の流れをつかむことが大切だと
前回お話致しました。


今回のテーマは「まねをしてみる」です。
真似は整体技術を学ぶための最初のステップです。

 

いきなり整体の施術を実践するのは極めて難しい


いきなり、人の体を施術するのは「難しい」です。

理由は、自分が思っているイメージと
はじめて人間の身体を施術をしてみた時の開きがあるからです。


施術を受ける人にうつ伏せになってもらって
頚椎から腰椎まで指でなぞるのは出来ると思いますが
次に骨の際を押圧する手技をする際に
「どうやっていいのか」戸惑いことがあります。

施術を受けている人の背中は、思った以上に広かったり・狭かったりします。

まずは整体講座の動画を真似てみる

整体講座の教本の通りにやろうとするのではなく、まず「まねをしてみる」

それも、身体を施術するのではなくて
枕やクッションを相手にです。


今まで使ったことがない・やったことがない手の動きをすると
筋肉に負担がかかったり、力が入りすぎて首や肩が痛くなったり
指がつったりして、「キツイなぁ」と感じることでしょう。

そして何よりも、施術を受ける人は「苦痛」になります。
最初の「悪い印象」で、次回もモデルになって頂けるか
わかりません。


したがって、まずは枕を相手に手の動きを「まねをしてみる」

両指で押圧したり、推拿をしたり、コンポウしたり。

枕を相手に手の動きを真似てみましょう

慣れてくると、コツがわかってきます。
これが整体技術を身につけるためのプロセスです。




お役立ちコンテンツへ戻る




サブコンテンツ

このページの先頭へ